痩身・脂肪吸引の症例写真

胸を引き締めて男らしく

症例写真 / ベイザー脂肪吸引 術前・術後

Patient Data

男性・23歳

お悩み
  • 女性化乳房
受けた施術
  • ベイザー脂肪吸引
  • 女性化乳房(男性の胸の膨らみ)外来

23歳男性。偽性女性化乳房で胸部にふくらみがあったため、ベイザー脂肪吸引を行いました。
執刀医は大橋ドクターです。

医師コメント

THE CLINIC 統括指導医 大橋 昌敬
THE CLINIC 統括指導医 大橋 昌敬

■ゲストのお悩み
胸の膨らみを気にされてご相談にいらっしゃった男性ゲストです。男性の胸が女性のように膨らむ症状は女性化乳房と言い、ひそかにコンプレックスに感じている男性は少なくありません。
女性化乳房は大きく分けると2種類あります。女性のように乳腺が発達することで胸が膨らむ「真性女性化乳房」と皮下脂肪の蓄積によって胸が膨らむ「偽性女性化乳房」です。真性女性化乳房の場合は乳腺に原因があるため、治療には乳腺の切除を行います。偽性女性化乳房の治療法は、蓄積した皮下脂肪の脂肪吸引です。真性か偽性かの診断は乳腺用エコーで行います。

■治療法と術後の経過
このゲストの方は「偽性女性化乳房」だったため、ベイザー脂肪吸引での治療となりました。ベイザー脂肪吸引は痩身効果が高く、皮下の組織を傷付けずに脂肪を取り除くことが可能なため、体への負担が少なく人気の施術です。施術の際は、脇の下を5mm程度切開して脂肪吸引するため、傷跡は目立たない場所に最小限ですみます。治療後はデスクワークのような激しく動かないお仕事であれば翌日から復帰可能です。ダウンタイムは筋肉痛のような痛みが1週間程度、むくみと内出血が2週間ほどあります。
術後は胸の膨らみが解消され、男性らしい引き締まった胸になりました。

治療概要 ベイザー脂肪吸引:ベイザー波という超音波を皮膚の内側から脂肪組織に照射して、周辺組織と脂肪細胞を遊離。その後カニューレという専用の管で脂肪細胞を吸引除去する。術後は脂肪採取部位を圧迫固定。カニューレ挿入口には、5mm程度の小切開を加える。
施術費用 偽性女性化乳房:380,000〜556,000円(税抜)
副作用・リスク 疼痛、浮腫、内出血、色素沈着、熱傷、知覚障害、凸凹、たるみ、引き攣れなど。 (※この他にも予期しない症状が現れる可能性があるので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。)