エイジング治療の症例写真

手の甲のシワを改善して若返り

症例写真 / 手の甲への脂肪注入(ハンドリバイブ) 術前・術後

Patient Data

女性・65歳

お悩み
  • 手のシミ・シワ
受けた施術
  • 手の甲への脂肪注入(ハンドリバイブ)

65歳女性。ハリがなくなった手の甲を脂肪注入で若返らせるハンドリバイブMCを行いました。
執刀医は大橋ドクターです。

医師コメントTHE CLINIC 統括指導医 大橋 昌敬

■ゲストのお悩み
手の甲のシワにお悩みで来院されたゲストです。全体的に骨張ってゴツゴツした印象になっています。手のシワやハンドベインの原因は、老化による脂肪の減少です。ハンドクリームなどでケアを行っても、根本的な解決は期待できません。そんなお悩みのために、当院では手の若返り施術、ハンドリバイブMCをおすすめしています。

■治療法と術後の経過
ハンドリバイブMCは手の甲に脂肪注入する施術です。注入する脂肪はマイクロCRF。微細な脂肪細胞と脂肪幹細胞を濃縮したもので、手にハリを取り戻します。マイクロCRFがたるんだ皮膚を押し上げてくれるため、シワだけでなくハンドベインの改善も期待できます。
施術は細い注射針での注入となるため、傷はほとんど残りません。術後は3日ほど手がむくみますが、内出血や腫れはほとんどなく、実生活に影響はないのでご安心ください。
術前と術後3ヶ月の写真を比較すると、シワだらけでゴツゴツしていた手の甲がふっくらとし、ハンドベインもほとんど目立たなくなりました。

治療の概要 ハンドリバイブMC:皮下脂肪を採取し、そこから老化細胞や血液等の不純物を特許技術の遠心濾過で除去。この中から粒子の細かい細胞群(マイクロCRF)を抽出して手の甲に注入。
施術費用 ¥469,000〜600,000(税抜)
副作用・リスク 脂肪吸引部位:疼痛、浮腫、内出血、色素沈着、熱傷、知覚障害、凸凹、たるみ、引き攣れなど。 脂肪注入部位:疼痛、腫れ、内出血など。 (※この他にも予期しない症状が現れる可能性があるので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。)

関連する症例写真