エイジング治療の症例写真

クマ・シワ改善で若々しい印象に

症例写真 / マイクロCRF注入(顔の脂肪注入) 術前・術後

Patient Data

女性・46歳

お悩み
  • 口元のシワ
  • ほうれい線(法令線)
  • 目の下のクマ
受けた施術
  • マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)

46歳女性。 目の下のクマ、ほうれい線、口元のシワにマイクロCRFを注入しました。
執刀医は中居ドクターです。

医師コメントTHE CLINIC 院長 中居 弘一

■ゲストのお悩み
目の下のクマ、ほうれい線、口元のシワにお悩みで来院された46歳のゲストです。顔は老化とともに脂肪が減少します。皮膚のたるみやシワは、顔の脂肪減少でハリがなくなることが原因です。皮膚のシワやたるみなどは一度できてしまうとなかなか消えず、メイクでも隠しきれないもの。そんなお悩みには顔の脂肪注入がおすすめです。

■治療法と術後の経過
今回はマイクロCRFの注入を行いました。マイクロCRFとは、不純物を取り除いた脂肪の中から10%程度しか取れない良質で微細な脂肪細胞のみを使用する施術です。そのため、目の下のクマやたるみ、小じわといった皮膚が薄く、繊細な部位に注入しても皮膚が不自然に盛り上がることなく、自然な仕上がりになります。また、脂肪幹細胞も豊富に含まれているため、肌質の改善にも効果的です。
細い注射針で注入を行うため、顔にはほとんど傷が残りません。ダウンタイムはほとんどなく、まれに内出血が見られる方もいらっしゃいますが、メイクで隠せる程度とお考えください。
写真は術前と術後1ヶ月の比較写真です。目の下のクマが消え、ほうれい線や口元のシワも目立たなくなりました。幹細胞を豊富に含む脂肪を注入したので、肌質も明るくなっています。

治療の概要 マイクロCRF注入:皮下脂肪を採取し、そこから老化細胞や血液等の不純物を特許技術の遠心濾過で除去。この中から粒子の細かい細胞群(マイクロCRF)を抽出して術部に注入。
施術費用 目の下のクマ:¥350,000(税抜) ほうれい線:¥350,000(税抜)
副作用・リスク 脂肪吸引部位:疼痛、浮腫、内出血、色素沈着、熱傷、知覚障害、凸凹、たるみ、引き攣れなど。 脂肪注入部位:疼痛、腫れ、内出血など。 (※この他にも予期しない症状が現れる可能性があるので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。)

関連する症例写真