豊胸・バストアップの症例写真

培養幹細胞で大幅にバストアップ

症例写真 / セルチャー豊胸 術前・術後

Patient Data

女性・40歳

お悩み
  • 豊胸・バストアップ
受けた施術
  • セルチャー豊胸

40歳女性。コンデンスセルチャー豊胸を行いました。

医師コメント

THE CLINIC 統括指導医 大橋 昌敬
THE CLINIC 統括指導医 大橋 昌敬

■ゲストのお悩み
自然に、確実にバストアップさせたい、というご要望で当院に来院されたゲストです。採取した脂肪を良質な脂肪のみに加工し、注入を行うコンデンスリッチ豊胸も十分脂肪の定着が見込めますが、より確実により大きくバストアップしたい方には、良質な脂肪にさらに培養した幹細胞を加えて注入する、コンデンスセルチャー豊胸をおすすめしています。

■施術内容
コンデンスセルチャー豊胸は、豊胸手術の前にまず培養するための脂肪を20ml採取します。脂肪幹細胞の培養にかかる期間は1ヵ月程度です。培養後、注入するための脂肪を採取して不純物を取り除き、そこに培養した幹細胞を添付してバストへ注入を行います。

■コンデンスセルチャー豊胸後のダウンタイム
バストは筋肉痛のような鈍痛が1週間程度、腫れやむくみが1〜2週間程度、内出血は1ヵ月程度でほぼ完全に消えます。
写真は術前と術後6ヶ月の比較写真です。バストのボリュームアップがはっきりと見て取れます。 2カップ以上大きいバストを目指したい方には、培養幹細胞を使ったコンデンスセルチャー豊胸がおすすめです。

治療概要 コンデンスセルチャー豊胸:太もも、腹部などの皮下脂肪を採取し、そこから幹細胞のみを抽出・培養することで、従来よりも豊富な幹細胞注入を可能にした再生医療豊胸術。脂肪から不純物や老化細胞を除去したコンデンスリッチファットの注入(コンデンスリッチ豊胸)と併用することで、より高い定着率が期待される。
施術費用 コンデンスセルチャー豊胸:¥1,780,000〜(税抜)
副作用・リスク 脂肪吸引部位:疼痛、浮腫、内出血、色素沈着、熱傷、知覚障害、凸凹、たるみ、引き攣れなど。
バスト:疼痛、腫れ、内出血など。 (※この他にも予期しない症状が現れる可能性があるので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。)