豊胸・バストアップの症例写真

脂肪注入でハリのあるバストに

症例写真 / コンデンスリッチ豊胸 術前・術後

Patient Data

女性・28歳

お悩み
  • 豊胸・バストアップ
受けた施術
  • コンデンスリッチ豊胸

28歳女性。コンデンスリッチ豊胸を行いました。
執刀医は大橋 昌敬ドクターです。

医師コメント

THE CLINIC 統括指導医 大橋 昌敬
THE CLINIC 統括指導医 大橋 昌敬

■ゲストのお悩み
痩せているバストを自然なかたちでにボリュームアップさせたい、というご希望だったので、良質な脂肪を注入するコンデンスリッチ豊胸を行いました。

■治療法と術後の経過
コンデンスリッチ豊胸は、採取した脂肪から不純物を取り除き、良質な脂肪のみに加工してバストに注入する豊胸術です。また、注入時はバスト全体に細かく分散させて注入することで、しこりができるリスクを回避します。
術後は脂肪注入した胸と、脂肪採取した部位に痛みや腫れ、内出血などが出ますが、デスクワーク程度であれば、術後1日だけ休んで復帰される方がほとんどです。
術前と術後6ヵ月の写真を比較すると、脂肪がしっかり定着し、ハリのあるバストに仕上がっていることがおわかりいただけると思います。

治療概要 コンデンスリッチ豊胸:太もも、腹部などの皮下脂肪を採取し、そこから老化細胞や血液等の不純物を特許技術の遠心濾過で除去。これをバストの皮下に注入する豊胸手術。ベイザー脂肪吸引を併用することで、より美しいボディラインに仕上がる。
施術費用 880,000〜1,280,000円(税抜)
副作用・リスク 脂肪吸引部位:疼痛、浮腫、内出血、色素沈着、熱傷、知覚障害、凸凹、たるみ、引き攣れなど。
バスト:疼痛、腫れ、内出血など。 (※この他にも予期しない症状が現れる可能性があるので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。)