痩身・脂肪吸引で失敗しない為に医師が答えるQ&A

小顔になるには、バッカルファットの除去と脂肪吸引、どちらが良いのでしょうか?

バッカルファット除去と脂肪吸引について

状態にもよりますが、顎まわりも含めてシャープにしたいとお考えなのであれば脂肪吸引がおすすめです。

回答した医師

THE CLINIC
THE CLINIC 院長 中居 弘一

顔全体のボリュームダウンなら脂肪吸引

バッカルファットの除去でも、頬のボリュームを落とすことは可能です。しかし、顔全体を小さくするには、脂肪吸引で顎まわりもスッキリさせると、より大きな効果が得られるでしょう。
例えばこちらの23歳の女性は頬と顎の脂肪吸引で、お顔が一回り小さくなりました。頬は、意外と除去できる脂肪の量が少ないので、私は顎も合わせてデザインをするようにしています。

顔の脂肪吸引の症例
施術名:ベイザー脂肪吸引
治療の概要:ベイザー波という超音波を皮膚の内側から脂肪組織に照射して、周辺組織と脂肪細胞を遊離。その後カニューレという専用の管で脂肪細胞を吸引除去する。術後は脂肪採取部位を圧迫固定。カニューレ挿入口には、5mm程度の小切開を加える。
施術費用(モニター価格):頬(両側) ¥270,000(税込¥297,000) /顎下(二重あご) ¥270,000(税込¥297,000)
モニター募集に関して詳しくはこちらをご覧ください。▷【顔の脂肪吸引モニター募集】
副作用・リスク:施術後には一定期間、痛み、浮腫み、内出血、こわばり等の症状が見られることがあります。また、この他にも予期しない症状が現れる可能性がありますので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。

老化時の下垂を予防したいならバッカルファット除去

バッカルファット除去の効果

老化で頬がたるむことが予想される場合には、バッカルファットの除去も有効です。過剰に蓄積されたバッカルファットは、年齢を重ねたときに頬を下垂させて、ほうれい線やマリオネットラインを目立たせてしまう場合もあります。

大切なのは適応施術の判断を誤らないこと

自分に適しているのは、脂肪吸引なのかバッカルファットの除去なのか。ぜひこの判断を誤らないようにだけ気をつけてください。インターネットで集めた情報だけを頼りに自己判断で手術を受けると後悔するかもしれません。
迷ったときにはいくつかの美容クリニックのカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

バッカルファット除去の失敗例