痩身・脂肪吸引で失敗しない為に医師が答えるQ&A

脂肪吸引の死亡事故は、どんな人にでも起こり得ることなのでしょうか?

脂肪吸引の死亡事故について

脂肪吸引の死亡事故はどんな人にでも起こり得ることです。
しかし、安全管理を徹底すれば防ぐことができます。
THE CLINIC ではこれまでに8,500件の脂肪吸引を行ってきましたが、死亡事故は一例もありません。

回答した医師

THE CLINIC
THE CLINIC 院長 中居 弘一

手術の安全確保のためには麻酔管理が重要

美容施術を受けられる方が忘れがちなのが、脂肪吸引は手術だということです。手術を行うからには、徹底した麻酔管理が絶対です。
過去に脂肪吸引で起きた死亡事故を考察してみると、局所麻酔中毒の可能性が高いと思います。
局所麻酔中毒とは、麻酔液が血管に多量に入り込むことで脳に作用して、中毒症状を起こしてしまう状態のことです。軽度の場合には、めまいがする・吐き気がある・ろれつが回らない程度ですが、重度の場合には、痙攣が起こる・呼吸が停止する・深昏睡状態に陥るなどの症状が出ます。
もしこのような状態になっても、適切に気道を確保して対処すれば、死に至ることはほとんどありません。

当院の麻酔管理は専門の資格を持つ福田ドクター直伝

THE CLINIC 東京院では、麻酔科の医師として救命救急センターで働いた経歴を持つ福田越ドクターから、術中の完全管理・麻酔管理の方法を共有いただいています。
さらに危険が伴うと思われる手術の場合には、必ず福田越ドクターが同席。安全に手術を行うための麻酔管理には余念がありません。

麻酔管理を行う福田ドクター