エイジング治療で失敗しない為に医師が答えるQ&A

頬への脂肪注入は、太った印象になりませんか?

頬の脂肪注入の注意事項について

解剖学に基づいたデザインを施せば、そのような仕上がりになることはありません。

回答した医師

THE CLINIC
THE CLINIC 院長 中居 弘一

脂肪注入で太った印象になってしまう理由

顔のパーツの中でも、頬は比較的脂肪が多くついている部位です。その脂肪のつき方は骨格や年齢によって様々でひとりひとり違うため、ゲストにあった注入場所と注入量を選択しなければなりません。脂肪が多い箇所と少ない箇所を的確に見極めて、マーキングを行う必要があるのです。カウンセリング時にこの診断を誤ってしまうと、脂肪が多い箇所・厚い箇所に重ねて脂肪を注入してしまうという事態が発生し、厚ぼったく太ったような印象になってしまうのです。

太った印象にならない脂肪注入の方法

こうした事態を避けるためには、カウンセリングとマーキングを正しく行うことが重要です。

40代女性に行ったカウンセリング

頬の脂肪注入の症例(術前)

例えばこちらの女性。年齢は40代後半で、頬骨がしっかりしている方でした。
加齢により、頬の中心部分から下部分にかけて脂肪が痩せてきており、くぼみができていますが、上部分は頬骨のボリュームが十分にあります。そこで、頬の中心から下部分にかけて重点的に脂肪を注入し、頬骨の部分には何もしないことにしました。

40代女性に行ったデザイン

頬の脂肪注入のデザイン

デザインはこのように施しました。 紫色で囲んだ部分、特に二重の枠で記しているところは重点的に脂肪を注入する箇所、逆に青でバツ印をつけているところは、何も注入しない箇所です。

術後1ヶ月の様子

頬の脂肪注入の症例(術後)

そしてこちらが術後1ヶ月の様子です。いかがでしょうか?
「厚ぼったい」「太っている」というような印象は少しもないと思います。

術前後の比較

術前後で比較してみると、すっきりとした印象のまま、しっかり若返りが叶いました。

頬の脂肪注入の術前後の比較