エイジング治療で失敗しない為に医師が答えるQ&A

21.11.17 UPDATE

顔の脂肪注入で失敗するとどういった状態になりますか?

顔の脂肪注入のしこり修正について

しこりができてしまいます。
触るとぼこぼことした状態なので修正が必要です。
当院では、このような失敗の修正手術もお受けしておりますので、もしもの場合にはご相談ください。

回答した医師

THE CLINIC
THE CLINIC 院長 中居 弘一

しこりができる原因は?

目の下の脂肪注入でできたしこり

こちらは私が診察した顔の脂肪注入の失敗症例です。以前に他院で目の下の脂肪注入を受けたところ、しこりになっていました。原因は、不純物・成長因子を含む脂肪の注入。
皮下の浅い層に脂肪を注入しているので、できたしこりが目立つ状態です。

しこりができた場合はどう対処する?

顔にできたしこりは取るか隠すかで対処します。今回のケースでは、しこりを除去してしまうと、目の下がくぼむことが想定されたので、上から脂肪をかぶせて隠すことにしました。
もちろん、ゲストのご希望に合わせて治療を進めますので、除去して欲しいとの要望があればそれも可能です。ただし、こちらのゲストのようなケースでは、しこりを除去した後、数回にわたる脂肪注入でくぼみを埋める必要があります。なんとしてでもしこりを除去したいのか、目立たなくなればそれで良いのか、お考えをお聞かせください。それに合わせてベストな治療法をご提案します。

①しこりを除去する治療法

ケナコルト注射(副腎皮質ステロイド、皮フを柔らかくするお薬)やしこりそのものを除去することで改善できます。
ただし、完全にしこりを除去できない場合やしこりがあった部分が凹んでしまう場合がありますので注意が必要です。
また、切開するので傷跡が残ってしまうことやダウンタイムが長引いてしまうことがあります。

②しこりを隠す治療法

上からマイクロCRF注入などの良質な脂肪を注入することでしこりを隠す、切開を伴わない治療方法です。
しこりを完全になくすことはできないのですが、触った時に目立たなくすることが可能です。
傷跡が残らず、ダウンタイムも少なく、一度の施術で効果が期待できるため、体への負担を最小限に抑えることができます。
脂肪を注入したらまたしこりになるのではないか?と不安に感じるかもしれませんが、良質な脂肪を注入すればしこりになることはほぼありません。
マイクロCRFは、通常の脂肪注入と異なり、死活細胞や老化細胞といった不純物を取り除いて濃縮し、細かく砕いた良質脂肪です。また、健全で大きな脂肪細胞も取り除くので、30G(ゲージ)の非常に細い針で注入でき、目の下のような繊細な部分にも適しています。

当院はこうした他院の修正も日頃から沢山ご用命いただいております。
「もしかしたら失敗なんじゃないか」と不安になった際は、まず施術をされた担当の先生方に診てもらうことが第一ですが、十分な対応をしてもらえないと感じたり、もう同じクリニックで施術を受けたくないと思ってしまった時は、我々THE CLINICにご相談ください。

無料カウンセリングや、LINE相談も受け付けております。
ぜひご活用ください。

電話からのお問い合わせ

0120-60-3929

+81-3-5775-3400(海外からの電話)

受付時間/10:00 - 19:00 年中無休

ネットからのお問い合わせ