エイジング治療で失敗しない為に医師が答えるQ&A

顔の脂肪注入のダウンタイムにはどんな症状が現れますか?

顔の脂肪注入のダウンタイムについて

痛み・腫れ・内出血などの症状があります。
だいたい2週間もすればおさまるケースがほとんどです。

回答した医師

THE CLINIC
THE CLINIC 院長 中居 弘一

顔の脂肪注入のダウンタイムはいつ始まりいつ終わる?

脂肪を注入した部位のダウンタイムに現れる3つの症状、痛み・腫れ・内出血をタイムラインにまとめました。こちらからお分りいただける通り、脂肪注入部位のダウンタイムは、術後2週間ほどでおさまるケースがほとんどです。

顔の脂肪注入のダウンタイムについて

痛みが強いときはどうすればいい?

お顔の脂肪注入では、筋肉痛のような痛みが術後2〜3日続きます。痛み止めを処方しますので、つらいと感じたときにお飲みください。痛みに弱いという方は、術後の麻酔が切れる前に飲んでおいて、あらかじめ痛みを感じないようにするのも良いでしょう。
今までの経験からすると、痛み止めを飲まずにダウンタイムを終えてしまう方がほとんどという印象です。日常生活程度の動きであれば、おそらく問題なく過ごせるでしょう。

腫れがすごいときにはどうすればいい?

お顔の腫れは、術後2〜3日がピーク。部位・注入量によっては1週間程度続くこともあります。つらいときには冷やすと腫れが治りますので、濡れタオルやアイスノンなどで優しく包むように冷やしましょう。
また、腫れが強い期間の長湯は厳禁です。腫れが治るまでの間は、サッとシャワーを浴びる程度にしてください。

内出血がすごいときにはどうすればいい?

腫れを伴っている場合には冷やして出血を止めてください。一方、すでに腫れがひいている場合には、温めて血行を促進すると良いでしょう。治りが早くなります。
内出血は注入部位よりも下方に出るため、お顔に脂肪を注入した場合、首に症状が現れることもあります。ストールを巻く・ハイネックの服を着るなどしてカバーしましょう。顔に内出血が出ている場合は、コンシーラーで隠す・マスクで隠すなどして過ごしましょう。いずれも、2週間すれば落ち着くケースがほとんどです。